「ギルモア・ガールズ」シーズン7感想

ドラマ「ギルモア・ガールズ」は、2000年から2007年に放送されたアメリカのテレビドラマで、去年の9月から見始めて、なんだかんだで1年かかって全153エピソードを見終えた。

このドラマは、ローレライとローリーの母娘を中心としたコメディーで、その他の個性豊かな登場人物と共に、ローリーの高校~大学卒業までが描かれたドラマ。

とにかく会話のテンポがいいドラマで、ギャグをはさみながら涙あり笑いありのドタバタコメディーが展開され、本当にいろんなことがあって、最終回は本当に大感動の最高の終わり方だったと思います。

最終回1話前のローリーの大学の卒業式の卒業証書授与シーンで、ローリーを見守るローレライが涙ぐむシーンがあるけど、もう演技には見えなかった。これは本当に泣いてるなって思った。

授与式前にローリーとパリスが話すシーンがあるけど、パリスの目が少し潤んでいたけどこれももう演技じゃないなって感じがした。

ローリーもいろいろあったけど、レーンやパリスもそれぞれいろいろあって、レーン物語、パリス物語もみんなよかったなと思うし、ドラマが始まった頃と比べると本当に3人共大人になって美しくなったなと思ったりした。

このドラマは特別なことが起こるわけではなく、あくまでも日常をコメディーにしたようなドラマで、ローリーを軸にして、高校~大学そして就職という流れの中での家族の問題や恋愛、友情などを面白おかしく描きつつリアルな人間ドラマを描いたドラマだったと思う。

長い人生の一時期を切り取ったようなそんなドラマだった。まあ、他にもそういうドラマはあるけど、「ギルモア・ガールズ」は特に絶妙な世界観、人間関係のドラマだったと思う。

Netflixに加入し、約2年間、いろいろなドラマを見てきたけど、「ギルモア・ガールズ」は僕にとって最高のドラマになった。

といっても、ドラマの10年後を舞台にしたNetflixオリジナルドラマ「ギルモア・ガールズ イヤー・イン・ライフ」全4エピソードが残ってるんですよね。

これは、ちょっと間を開けてから見ようかと思ってます。

ちなみに、「ギルモア・ガールズ」のクリエイターが手掛ける新たなドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル(仮題)」が、Amazonオリジナルドラマとして制作決定しているのでこちらも楽しみにしてます。パイロット版が現在配信されてます。

マーベラス・ミセス・メイゼル(仮題) (字幕版)

今夜は、ギルモア・ガールズのサントラでも聴きながら酒でも飲んで感動に浸ろうと思います。

f:id:sima_pan:20170817212647j:plain

Gilmore Girls

Gilmore Girls