アニメ「AIR」感想

dアニメで、アニメ「AIR」を見た。

AIR」は、僕の大好きなゲームで、アニメは今回始めて見たんだけど、1クールであの長いストーリーを描いており、かなりダイジェストになってしまっているけど、各シーンの描写は、さすがの京アニで、素晴らしくて、ダイジェストなのでちょっと話が分かりづらいところもあるけど、感動しました。

まあ、今からあの長いPCゲームをやり直すのは大変なので、これで、なんとなく「AIR」を思い出すには最適なアニメだなと思うんだけど、やっぱりこのダイジェストでは味わえない部分をもう一度ゲームでやり直したい気分にはなってくる。

このダイジェスト感で思い出すのは、この「AIR」のシナリオを担当した麻枝准が、脚本を担当したオリジナルアニメ「Charlotte」ですね。

きっと「Charlotte」も麻枝准の頭の中では、「AIR」並の壮大なストーリーがあったんだろうなと思ったりしました。

やはり、Key作品というと、世界観やキャラクターが凄いなと改めて思ったし、その魅力を十二分に引き出せるのはやはり京アニしかないなぁと思いました。

AIR」をきっかけに、ちょっとKeyアニメを一通り見ていこうかと思ってるのと、「ひぐらし」とかその辺のちょっと懐かし系アニメにも今年は手を出してみようかと思ってます。