ドラマ「HOMELAND」シーズン4感想

ブログ見返したら、シーズン1で感想書いてたけど、その後感想を書いてなかったようだけど、シーズン3までのブロディ編は無茶苦茶ハマってました。

で、アメリカではシーズン6まで放送されているということだったけど、Netflixには、シーズン4までしかなかったので、シーズン3で一旦話の区切りがついてるし、少しシーズンが追加されるまで待とうと思って止めてたんだけど、やっぱり見たくなってしまってシーズン4見始めました。

まず、ネタバレなしで書くと、舞台はパキスタンに移り、アメリカ大使館を拠点として、CIA女性職員のキャリーが活躍する話だが、アメリカ大使も渋い女性だったり、テロリスト側にも女性スパイがいたりと、女性同士の駆け引きが際立つシーズンだったなと思ってます。

大使のオバサンが凄くかっこよくて、キャリーと二人でタバコを吸うシーンが、凄くかっこよくて好きでした。

あと、今シーズンは、中盤まで微妙でしたが、後半はいつも通りの中毒性の高い展開で一気に見てしまいました。凄く面白かったです!

以下、ネタバレあり




今回、前半の見どころとしては、やはり、キャリーのハニートラップですが、いや、まさかこういう展開があるとは驚きました。

で、アーヤンという童貞くんがキャリーにぞっこんになる展開を見ていて、自分がアーヤンの立場でキャリーが近づいてきた理由を知ったらショック受けるだろうなと思って、凄く彼が不憫に思えたし、ちょっと痛々しかったなと思ったりしました。

その彼が殺されてしまったのは、これまたショックでしたね。

ただ、この辺までは、僕的にはあんまり面白くなくて、ちょっと今シーズン微妙だなと思って見てたんだけど、ソールがハッカニのところから逃げ出したあたりから、もう目が離せない。やめられない止められない状態に!後半5話の怒涛の展開はさすがにうまいなと思いました。

大使のマーサさんが凄くかっこよくて好きだったんだけど、旦那のデニスのせいで、なんか無茶苦茶になっちゃって可哀想だと思ったのと、その旦那は結局自殺しなくて、デニスは最後までかっこわるかったと思うと同時に、よかったようながっかりのような複雑な結末がわりと好き。

ホームランドは、とにかく作戦のシーンがかっこよくて、女性職員が活躍するのがいいなと思うのと、テロリストの駆け引きとか凄く面白いと思います。

ただ、イスラムのテロとの闘いはいつまで続くのか、現実的に考えると不毛な戦いだなと思ってしまいますが、でも、やっぱりこういう話が面白いんですよね。実際戦争してる国だからこそのリアリティがあると思います。