読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想「コンビニ人間」が面白すぎ

読書感想

コンビニ人間

コンビニ人間

あらすじ
36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

主人公の古倉恵子という女性が、とにかくイカれてるんだけど、コンビニ店員としてだけは社会に適用できていて、そこから、世間の「普通」のおかしさが逆に際立たせられるというような内容の小説で、とにかく、古倉さんの思考や行動が面白かったです。

狂気じみたストーリー展開はシュールで笑えて最高でした。「世にも奇妙な物語」的な面白さがある作品だと思ったりしました。

コンビニ店員としてしか生きられない彼女ですが、仕事はできるけど仕事以外は何も出来ない仕事人間とか、「鉄道員」みたいな「自分、不器用ですから」的な、人は何かしら演じて生きていて、役柄があるから安心して生きていけるし、そこに生きがいを感じることもあるんだろうと思ったりしました。