読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「響け!ユーフォニアム2」Blu-ray第3巻感想

アニメ感想

f:id:sima_pan:20170214163645j:plain

響け!ユーフォニアム2」Blu-ray第3巻を買いました。

第3巻は、すれ違っていたみぞれと希美が仲直りする第4話と、関西大会の1曲まるごと演奏シーンの第5話が収録された巻。

f:id:sima_pan:20170214163819j:plain

f:id:sima_pan:20170214163959j:plain

パッケージは非常にシンプルで好感が持てます。

さて、内容ですが、第4話は、原作小説でも一番好きな、みぞれの話に決着がつく重要な回で、みぞれと希美の二人だけでなく、そのまわりの優子や夏紀たちの心情も見どころの神回で改めてBlu-rayで見てみて感動しました。

そして、第5話ですが、大会前の緊張する部員たちの様子、そして素晴らしい見ている方も緊張するすごい緊張感のある演奏シーンをたっぷりと楽しませてもらえて、そのままエンディングが流れるあの流れ好きです。そして、エンディング開けの関西大会の結果発表。この結果を待つ瞬間がたまらない。そして、結果発表された後の、みぞれの笑顔、これが最高なわけですが、ここまで至るプロセスがあったからこその様々な想いが込められた笑顔だと思うんで、本当にいろいろ凄い青春を描いた作品だなと思いました。

第5話には、大会前日に久美子に、中学の同級生で同じ吹奏楽部員だった立華高校の佐々木梓から電話がかかってきて、「明日大会で会っても声かけないで」というようなやりとりをしつつ、当日大会でも足だけ登場する彼女。

その彼女のマーチングバンドの強豪校の立華高校吹奏楽部を描いた小説「立華高校マーチングバンドへようこそ」も非常に面白いのでぜひ読んでもらいたいのと、これもぜひアニメ化して欲しいなと思ったりしてます。

あと、北宇治高校の吹奏楽部のその後もぜひアニメで見たい。本当に、武田綾乃さんが描くユーフォニアムシリーズは青春の空気感がよく出てて好きだし、その青春の繊細な描写は京アニがあっていると思います。



関連記事

sima-pan.hatenablog.com