『響け!ユーフォニアム2』第13話(最終回)感想

原作小説読んでますが、アニメではどう締めるのかってのはわからなかったので不安と期待がありましたが、これ以上にない素晴らしい文句の付け所のない最終回でした。シリーズ全体で見ても本当に素晴らしい、本当に冗談でもなく神アニメだったと思います。

特に在校生の演奏のシーンでぐっと来ましたね。

響け!ユーフォニアム」との出会いは、京アニでアニメ化されると聞いて知った。

その後すぐに原作小説を買って読んで、アニメ1期を見た時は、ちょっとイメージ違うと思ってたんだけど、2期に入ってからは気にならなくなった。

原作者インタビューによれば、小説大賞で入賞し入賞作の次に出した小説が「響け!ユーフォニアム」だったわけだが、当初は2巻以降を考えて小説を書いていたわけではないらしい。

アニメ化が決定し、2巻以降を書くことになって、2~3巻のプロットをアニメスタッフに渡しアニメに設定を入れたり、逆にアニメから小説に取り入れた設定もあるらしい。

2巻、3巻と進むに連れて小説が面白くなっていくし文章力もあがっていったように感じたし、アニメと小説が相乗効果をもたらした好例だったと思う。

もちろん、アニメ化がなくてもいずれ目を出した作家だったと思うけど、アニメ化が一つの転機になったことは間違いないと思う。

ただ、オリジナルアニメで大コケしてるのって結構多いわけで、長年監督や脚本、プロデューサーやってる人たちが集まって大コケする例が多数ある中で、結局一人の作家が書いたストーリーが素晴らしいっていうのが現実なんだなと思ったりしました。

原作者・武田綾乃さんが素晴らしいのと、その原作小説を選び出し最高の形でアニメ化した京アニ素晴らしい。京アニはいい原作探してきてアニメ化するのが一番いいんだろうなと思いました。


natalie.mu


描き下ろし短編小説2編、原作者・武田綾乃インタビュー掲載の公式ガイドブック


黄前久美子の中学の吹奏楽部の同級生で、立華高校へ進学した佐々木梓が主人公のスピンオフ作品