読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netflixドラマ「ザ・クラウン」シーズン1感想

f:id:sima_pan:20161120185154j:plain

英国女王エリザベス2世を主人公にしたNetflixオリジナルドラマ。

とにかくまず映像が豪華でそれだけでも見応えがあるんだけど、父親が亡くなり王位を受け継いだエリザベス女王が、宮殿や議会、夫や妹と伝統と格式、法律などの立場から対立し孤立し苦しい立場に置かれている状況が濃厚に描かれていた。

一人の若き女性が、君主として妻として姉として、様々問題に直面しながらも苦悩しつつも一つ一つの問題を決断していく過程に、引き込まれました。

イギリスの宮殿とかお城とか衣装とかが、かっこよくて、電話の交換手のシーンとか時代を感じるシーンもあったりでそういうところも見ていて面白い。

もうこの時代は、テレビ中継もあったり、みんなで映写機でフィルム映像を見ているシーンもあったりするけど、機材がごついとか違いはあるけど、今でもテレビ中継はあるし、みんなでフィルムじゃないけど大きいスクリーンで映像を見たりすることはあるので、そういう意味ではそんな今と変わらない感じもしましたね。

こういう昔を舞台にしたドラマを見ると、現代で撮影しているので、映像に現代の技術が写り込まないかとか心配になりながら見たりしてるんだけど、アスファルトが新しいと感じるシーンがいくつかあったけど、まあこれは仕方ないよね。

部屋の中とかは、もう電気もある時代だし、特に貴族の部屋や高級な場所は、そのまま映しても問題ないというか、そんなに変わってないんだろうなと思ったりしましたね。

全6シーズン、60エピソードの予定のドラマらしいので、まずはプロローグが終わりという感じでしょうね。

豪華な世界だけど、その中では、僕達と変わらない人間がいて、人間関係があって、様々な思いや駆け引きがあって、その人間ドラマが面白いドラマだなと思います。

Netflixには、エリザベス2世父親ジョージ6世が主人公の映画「英国王のスピーチ」と、ジョージ6世が王位を継いで亡くなるまでにスポットを当てたドキュメンタリー「英国王のスピーチの真実」も配信されているので合わせて見てみると、より一層楽しめると思います。

ドキュメンタリー「英国王のスピーチの真実」の方は、実際の映像が多数使用されていて、子供の頃のエリザベスや女王即位後の映像とかもあるのでぜひ見ておくといいと思います。