読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ブレイキング・バッド」考察(ネタバレ注意)

考察と言えるほどのものじゃないかもしれないが、「ブレイキング・バッド」という作品について考えたことを書き出してみることにする。

ウォルター・ホワイトは、冴えない高校教師で、低収入ゆえに、洗車場でアルバイトまでしている情けない日々を送っていて、そんなある日、癌であることが発覚し、余命わずかであることを知る。

この情けない旦那・父親のまま人生を終わらせたくない。家族に何かを残したい。そんな漠然とした想いが、DEAの捜査官の義理の弟・ハンクから、麻薬捜査で大金を押収したという話を聞き、「今度捜査に同行してみるか」という冗談を真に受け、捜査に同行する。

ここまでは、何となく麻薬製造現場に興味がある程度だったんじゃないかと思うんだけど、そこで大きな転機が訪れる。そう、ジェシー・ピンクマンとの出会いだ。

かつての教え子であるジェシーと出会ったことで、彼の麻薬製造への想いが現実に繋がったんだろうと思う。(知り合いだから声かけやすいみたいな感じで)

あともう一つは、末期がんで余命わずかで、短期間で大金を家族に残さなければいけないというのも彼を麻薬製造という世界へ足を踏み込ませたんだろう。

ウォルターとジェシーは、最初から最後まで、先生と生徒という関係で(少なくともジェシーは最後まで先生と呼んでたよね)、どこかの感想ブログで二人の関係は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクとマーティみたいな関係と書かれてて、なるほどと思いましたね。

ウォルターは、教師という一面も持っているので、ジェシーという、ちょっと頼りない甘ちゃんを側においておきたいと思った部分もあったんじゃないかなと思ってる。

それで、麻薬を製造し売り捌く過程で、麻薬密売人や組織と渡り合っていって、次第に大物になっていくわけだけど、死んだような生活から一転、自分の才能を誇示できて、生きてる実感を感じられる生活に魅了されていったんだろう。

そして、最終的には、撃たれて死ぬわけだけど、ウォルターは、大満足で死んでいったのではないかと僕は思ってる。

しかし、ウォルターの周りを見てみると、スカイラーもプリンも、ジェシーも、ハンクもマリーも、誰一人幸せになってない。

つまり、ウォルター・ホワイトというおっさんは、周りの人達の人生を滅茶苦茶にして、自分だけ好き勝手にやって、大満足で死んでいった最高のクズ野郎ということだ。

ウォルター・ホワイト役のブライアン・クランストンは、「ウォルター・ホワイトは彼自身がガンみたいな男だ」(「ブレイキング・バッド - オフィシャルサイト」より)と答えてるけど、凄い的確すぎる例えだ(笑)

でも、なぜだろう。そんな最低クズ野郎が、魅力的で好きすぎる。

f:id:sima_pan:20140725121748j:plain

このハゲおやじが、こんなにも愛おしいのはなぜだろう・・・。

「ハウス・オブ・カード」のフランシス・アンダーウッドもそうだけど、悪役の魅力ってあるよね。

これドラマで主人公視点で見てるから愛着湧くけど、たぶん端から見たら、どんでもない人だと思うんだよね。

あと、最近の日本のラノベ・アニメでは、「ニートが異世界へ行って大活躍」みたいな異世界物が流行ってるけど、ニートってのは、要するに、ウォルターじゃないけど、人生に鬱憤を感じて生活してるわけですね。

その日常から、非日常へ行き、自分らしさを取り戻すわけだけど、「ブレイキング・バッド」も日常から非日常へ行くという部分では共通してるのかなと思ってる。

つまり、大半の人は、日々代わり映えしない退屈な日常を送っているからこそ、非日常で自分自身の殻を破れるような、自分が自分でいられるような世界をフィクションに求めるてるのではないか。

自分でも何言ってるかわからなくなってきたけど、まあ要するに、様々なしがらみの中で生きている我々一般ピーポーは、自分の好きなように生きられている人は、そんなにいないってことだね。