「ブレイキング・バッド」シーズン5感想

f:id:sima_pan:20160921170740j:plain

まずは、ネタバレなしの感想から

ブレイキング・バッド」は、高校の科学教師が末期ガンになり、家族に金を残そうと、麻薬を作って金を稼ぐというトンデモないストーリーのドラマ。

シーズン5で完結しており、主人公のウォルター・ホワイトの強烈なキャラクターで、ぐいぐいと引き込まれ、先の展開が気になりまくって、一度見始めると止まらなくなる中毒性の高いドラマだった。

いろいろ語りたいが、まだ見てない人は、あまり内容を知らずに見た方が楽しめると思うので、とにかく、ぜひ一度、騙されたと思って見てみてほしい。

また、Netflixオリジナルドラマ「ベター・コール・ソウル」は、「ブレイキング・バッド」のスピンオフ作品となっている。「ブレイキング・バッド」視聴後は、こちらもあわせて楽しみたい。僕もこれから見ようと思ってます。


以下、ネタバレありの感想







で、ネタバレありの感想ですが、シーズン5のラストまで見終わった感想は、後味の悪い終わり方だったなと思ってます。

バットエンドでなく、ハッピーエンドで終わらせてほしかったんだけど、ラストの怒涛の展開は、それこそ夢中で見たけど、見ていて非常に辛かったです。

ウォルターの普段はいい人だけど、ことビジネスに対しては非常に冷酷な二面性を持つキャラクターは凄く好きだったし、トッドにメスの作り方を教えるシーンは、まさに教師が生徒に教えるような教え方で笑ってしまったし、そういう変な絶妙なおっさん主人公のドラマ、凄い好きでした。

ウォルターが、マイクを殺したあたりから、心がざわつき、ハンクが殺されたところも悲しかったし、ジェシーの見てるところでアンドレアが殺されジェシーが泣き叫ぶシーンは、マジで見ていて辛かった。

途中までは楽しんで見ていたウォルターの狂気ぶりも、後半は、ちょっとワロエナイ感じでした。(ワロエナイけど笑ってしまうシーンもあったが)

僕の個人的な想いとしては、シーズン4のガスを殺してカタギに戻る展開か、ハンクに逮捕された辺りで終わってほしかったなと思う。

ただ、ここまで夢中になった作品は、アニメやゲームその他のメディアを含めても久々で、間違いなく見ている時は、むちゃくちゃハマった作品で、本当に素晴らしいドラマだったと思ってます。

f:id:sima_pan:20160921170740j:plain

改めてこの画像を見直すと、ウォルターとジェシーが楽しくメスを作ってた時が、懐かしく恋しく感じます。いろいろな展開があったけど、ほんと大好きなドラマでした。