読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OVA「ひぐらしのなく頃に煌」感想

アニメ感想

f:id:sima_pan:20160818203517j:plain

U-NEXTで、OVAひぐらしのなく頃に煌」全4話を見た。

ひぐらしのなく頃に」は、原作のPC版が好きで、アニメは、かなり端折られててて、ダイジェスト版みたいになってしまってるので、あんまり好きじゃないんだけど、OVAひぐらしのなく頃に煌」は、シリーズ10週年記念OVAということで、本編が全て終わった後の番外編のオリジナルストーリーなので、割りと楽しめた。

第1話は、圭一、大石、富竹、入江の男性キャラ4人が、女子キャラにエロエロ罰ゲームをさせる妄想談義で盛り上がる話で、結構エロい。

第2話は、梨花と沙都子の二人が魔法少女みたいになって戦うお話。

第3話は、詩音メインのお話で、目明し編を意識したパロディモノとなっている。

第4話は、シリーズ最終話ということもあって、ギャグ路線から一転、ちょっとええ話となっている。小さい梨花ちゃまが、全てが終わった後の雛見沢にタイムスリップしてくる話で、小さい梨花ちゃまが、これから大変な運命に挑んでいくであろう過去へ再び戻っていくという展開は、あの惨劇を乗り越えた物語を再び思い出させられるいいシナリオだったと思う。

全体的には、パロディ色の強いシリーズだったが、久々に「ひぐらしのなく頃に」の世界を見れて懐かしかったのと、キャラや世界観が確立されている作品なので、どんな話でも面白くなる作品だなと思いました。

とにかく、やっぱり「ひぐらしのなく頃に」は面白いし、大好きな作品だなということを改めて再認識する機会となった。

また、プレイ時間が凄い長いので、なかなか手を出せないけど、できればもう一度、原作のPC版をやり直したいと思ったりもした。