読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ映画「 百日紅~Miss HOKUSAI~」感想

アニメ感想 映画

f:id:sima_pan:20160814182919j:plain

クレヨンしんちゃん」のテレビアニメ2代目監督や劇場アニメの監督を努め、更には、劇場アニメ「河童のクゥと夏休み」などの監督を務めた原恵一監督が、杉浦日向子原作の漫画「百日紅」を長編劇場アニメ化した作品。

河童のクゥと夏休み」が好きだったので、劇場に見に行きたいと思いつつ結局見に行けなかった作品なんだけど、U-NEXTで、個別課金だが配信されていたので見てみた。

見終わった感想は、正直良くわからなかったなぁという感じ。ストーリーとしては、葛飾北斎の娘・お栄が、父と共に絵を描いて暮らしていて、恋と浮世絵師として色気のある絵が描けないことに悩んだりして生きているというような話。

オチが少し弱くて結局なんだったんだ、という感じになったけど、映像的には面白かったし、ちょっとサバサバした感じのお栄というキャラクターに魅力があったし、それなりに楽しめたと思う。

女性が足掻く姿が描かれているところ、日本映画らしい映画というところでは、先日見た映画「百円の恋」と本質的には似ているように感じた。



『百日紅~MissHOKUSAI~』新予告60秒