読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMM mobile 1GB 月480円を1ヶ月使っての感想(ワイモバイルNexus5)

スマホ・ケータイ

ワイモバイルのNexus5に、DMM mobileのデータ専用の1GB 月480円の格安SIMを挿して使用し始めてから1ヶ月が経ちました。

元々、ワイモバイルで使っていた時も、高速通信は月1GBだったので、だいたい使用感はわかっての利用だったのですが、ニュースアプリ、LINE、乗換案内、Googleマップなど通信容量の少ないアプリの使用であれば、十分足りる感じです。ただ、出来れば家ではWi-Fiが使えたほうがいいかなと思いますね。

また、200Kbpsになっても、例えばニュースサイトなら、文字だけはすぐに表示され、画像の表示に時間がかかる。みたいな感じですが、わりと使えます。この辺はYou Tubeで、200Kbpsで検索すると検証している動画が沢山みつかるので、それらを見ればわかると思います。

僕が試してみたところでは、200Kbpsでもradikoアプリなんかは、途切れずにずっと聞けてたりしました。あと、テキスト中心のサイトなら表示は遅いですが、多少我慢すれば使えないことはないという感じでした。

高速通信は、DMMのマイページ、もしくは、専用アプリから、オンオフが出来るので、通信を使わない時、あるいは、ちょっと遅くてもいい時などは、高速通信をオフにしておくと、高速通信が減らなくて済むので安心です。

f:id:sima_pan:20160512053031j:plain
(余ったデータは翌月に繰り越されるので、先月分240MB繰り越されてます)

高速通信をアプリ上でオンにすると、すぐに高速通信が使えるようになるので、必要な時にあわせてオンにして使えばいいと思います。ただ、短い時間(1分おきとか)に頻繁にオンオフを切り替えることは負担がかかるとかの理由で出来ないようです。5分~10分程度は間をあけて切り替えましょう。

毎月500MBまで無料で使える So-netの0SIM なんてもありますが、0円とか返って嫌で、月480円払うほうが健全なのではないかと思ってて、余った容量は翌月に繰り越せるなど、あまりスマホでネットを使わないような僕みたいな人には、おすすめの格安SIMだと思います。

イオンモバイルというのがDMMモバイルと同程度の料金でサービス展開していますが、ネット受付は今のところ受け付けておらず、店頭へ行き、書類の記入などをしてもいい人ならイオンモバイルでもいいと思いますが、ネットから気軽に申し込みたい人は、DMMの方がいいんじゃないかと思います。