読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンターが壊れやすいのは安い物を追い求めたユーザーのせい?

昨年、5000円ほどで買ったプリンターが、ちょいちょい不調になるので「プリンター 壊れやすい」で検索してみたところ、おしえてgooで以下のような質問と解答が。

oshiete.goo.ne.jp

「市販のプリンターはどうして直ぐに故障するんでしょう?」という質問に対して、こんな回答が

プリンタの修理屋です。

(中略)

故障の内容を見なければ、原因は分かりません。

「メーカーのサービスステーションに出せば一律高額な修理代が係り」・・・技術のある人間が行う作業なのです。それを高いという根拠が知りたいですね。単に本体価格との比較だけでしょう。
「販売店もプリンターは安いのだから、消耗品ですとの答え。」・・・メーカーにも販売店にも責任はあるのでしょうけど、一番の原因は安い物を追い求めたユーザーともいえます。
現在のプリンタは、どう見ても本体の販売は赤字で、インクの販売で利益を出しています。
そのインクさえ、社外品を使う人が多くなり、メーカーの収益は悪化しているわけです。

さらに高いといって修理に出すことすらしない人が多く、メーカーだって故障のデーターが回収できません。
コストをぎりぎりまで下げているので、耐久性も低いのですけど、市場でのトラブルがフィードバックされていないような商品は多くなりました。

一見暴論のようにも感じますが、意外と納得できる部分もあります。

たしか、メーカーが、純正以外のインクカートリッジの販売を訴えたけど敗訴した、というニュースをどこかで読んだ気がしますが、プリンター本体は赤字で販売し、インクで利益を出そうとしたら、安い社外品が出て利益が回収できなければ、メーカーとしては死活問題だし、どこかで、コストカットするしかないんだろうなと思ったりしました。

とはいえ・・・

今のような消費動向では、一部の人間が「これじゃいけない」といっても、どうにもなりません。

とあるように、一部の人が、純正インクを買ってメーカーの利益に貢献しようとしてもあまり意味がないのも事実だし、修理に出さないとフィードバック出来ないと言われても、修理に出すより買い換えたほうが安いんだから、普通は買い換えてしまいますよね。

プリンターなどの電化製品はどうしても当たり外れがあると思うし、5000円程度のプリンターなら、インクカートリッジを買い換えるのと大して変わらない金額でもあるし、インク買い替えのタイミングで、新しいのに変えてしまおうと考えています。