「Steins;Gate」鈴羽END終了

昨晩深夜に鈴羽ENDを終わらせたんだけど、今日はその中の人が大きく話題になっててびっくり。

まあそれはそれとして、アニメを見て面白かったのでPC版「Steins;Gate」をやり始めたんですが、基本的には同じストーリーで、Dメール送るか送らなかいかで分岐して鈴羽ENDへ突入するわけですが、とってつけたような内容でがっかりしましたね。


以下、ネタバレトーク


鈴羽ENDは、2日間をループし続け悲観するオカリンに気づいた鈴羽が、オカリンとともに1975年へ行こうと提案し、実際に1975年へ旅立つって展開だったけど、そもそもタイムリープに失敗して記憶失うのわかってるなら、何かに目的を分かるようにメモしとけばいいんじゃないの?と思ったり、2日間のループも、毎回同じことする必要ないじゃん。と思ってしまったりしました。

と言う感じで、とってつけたような展開で残念だったんですが、でも、二人が1975年へ行った後の話は、ちょっと見てみたかったと思う。

鈴羽というキャラは、ゆかりんこと田村ゆかりが演じているわけですが、ゆかりんのちょっと軽めの「うぃ~す!」みたいなキャラがいいなと思ったのと、「ひぐらし」の梨花ちゃんとかも、タイムリープしてたキャラだったし、キーパーソン的な立ち位置のキャラをゆかりんが演じているところに個人的にニヤリとしたしたりしました。

時をかける少女的」なポジションなところもあると思うんだけど、ダルが父さんだとわかった時のシーンか凄く好きでした。


Steins;Gate」は、もう20時間くらいプレイしてるけど、今のペースで考えると、更にもう20~30時間くらいかかりそうだけど、出来れば今月中に終わらせられるように頑張りたいと思います。

結構面白いので、やりはじめると止められなくなってしまって、終わった後に目がチカチカしたり、尻が痛くなったり、なかなか体が大変です・・・。