Netflixドラマ「アンダーウェア」感想

f:id:sima_pan:20160207012857j:plain

Netflixは、昨年9月から加入し、いろいろなドラマや映画、アニメを見てきたが、日本制作のドラマは、Netflixのオリジナルといえど、なんとなく嫌煙していた。そんなある日、以下の記事を読んだ。

www.huffingtonpost.jp

この記事を読んで、ちょっと「アンダーウェア」を見てみようと思って見始めたが、第1話を見た時は「やっぱこれは駄目かな」と思ってしまった。しかし、第2話、第3話と見進めていくうちに、どんどんストーリーに引き込まれていって、終わってみれば、僕にとって最高の作品となっていた。

どこら辺がよかったかと考えると、何も知らない新人社員が、オーダーメードの高級下着メーカーに入社し、様々な問題に直面し問題を乗り越えていくところ、長年モノ作りをしてきた偉大な社長とぶつかり合いながら、お互いがいい相乗効果で変わっていくところ、モノ作りとは何か、ビジネスとは何かというテーマを通して、人の生き方、仕事との向かい合い方を考えさせられるいいストーリーだったと思う。

また登場人物のどのキャラも、キャラが立っており、脇役も面白いキャラが多く、どこを取っても魅力あふれるドラマで、エンターテイメント性も十分にあるドラマだったと思う。僕は、アニメやゲームが好きだが、あんまりハードルを上げるのもあれだけど、今まで見てきた様々な作品の中でもトップクラスの作品だったと思う。

主演の桐谷美玲さんも、ドラマを見る前は、CMとかで見かけたりしてたけど、「なんだか可愛げのない人だな」と思ってたんだけど、ドラマ内での愛くるしい、ころころと表情を変える彼女を見てきて愛着がわいてきて、不思議なもので、改めてをのCMを見たら、凄く可愛く見えるようになってた。人間、ちょっと見方が変わるだけで印象も大きく変わるものなんだなと思いましたね。

日本のドラマもなかなか面白いなと思ったので、久々にテレビのドラマも見てみようかと思ってて、ちょうど2月から、桐谷美玲主演の新ドラマが始まるようなので見てみよかなと思ってます。

テレビ離れが叫ばれる昨今、僕のようにネット配信からテレビに戻る人もいるわけで、テレビ放送とネット配信で上手く相乗効果を出せるような形にしていったほうが、これからの時代はいいのではないかと思いました。