『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第11話感想

正太郎が櫻子さんを庇って刺されたけど、原作小説だとこのエピソードでは刺されなくて、この後の別のエピソードで正太郎が櫻子さんを庇って刺される。間のエピソードを飛ばすということなんだろう。

櫻子さんから別れを切り出されたが、もちろんこんな危険な目にあわせてしまったら離れようとするのは当然なんだけど、原作小説だと正太郎の母親が、今後櫻子さんと会うことを禁止するんだけど、そういうシーンがないのが残念かな。いろいろ端折られてて展開が早いのが残念。

櫻子さんが、今回、埋まっている骨を見つけて喜ぶようなシーンがあるが、櫻子さんも筋金入りの骨マニアであり、通常の人間とは常識が異なっている。彼女に決して悪気があるわけではなく、一般常識とはかけ離れた思考を持った残念美人なんだよね。

この辺は、蝶形骨を愛する花房と通ずるものがあり、櫻子さんも十分奇人なんだよね。ただ、櫻子さんは、ばあやさんを悲しませたくないと思っているし、正太郎との付き合いで少しずつ変わってきたんだろうなと思う。

次回でアニメは最終回ですが、どういうふうに締めてくるか楽しみです。