アニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第10話感想

今回も展開が早かったな。花房が登場しましたが、花房の件は原作でも解決してないし、花房は櫻子さんの過去にも大きく関係していて、その辺をやるのもあと2話では当然無理。アニメがどういう締め方をするのかが気になるところ。

確か第1話で、櫻子さんが海岸で頭蓋骨を見つけた際に、頭蓋骨の奥に蝶の形をした骨・蝶形骨の説明してたけど、これも大きな伏線。

第2話の子供を保護する話の時に櫻子さんが危険に落ちいった正太郎に「いくな、そうたろー!」と叫ぶシーンも重要。

個人的には、最後は、櫻子さんと正太郎の出会いの話をやるんじゃないかと思うけど、どうなるかな。

原作と比べるとかなり展開が端折られてる部分もあるし、アニメでは描かれてないエピソードも多数あるので、アニメで気になった人はぜひ原作小説も読んでもらいたいですね。