読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからのアニメ業界

アニメ業界人「原作サイドの出資比率が上がってきてる、ネットで失敗認定されるやつも余裕で黒になってきてる」「そもそもBDの枚数第一で商売してるわけじゃない」 | やらおん!

やらおんさんの記事から、

「Netflixなどが客の囲い込みの為に現在アニメに出資しまくってる。
 これからアニメの本数が一時的に増える。
 ただ、あくまで一時的なブーストなので結局は減っていくと見ている」

「今年がアニメの資金回収の転換期になった感がある、円盤から移行始まった」

「これからは、確かに本数は増えるが海外も見込めるSF要素のある作品と、国内向け作品の二極化が進む」


などのコメントが気になって、「のら犬ブラザースのアニメ!ギョーカイ時事放談」を聞いてみましたが、海外の定額配信サービスが、コンテンツを増やすために、日本のアニメに出資してきてるという感じでした。

要は、日本のアニメがある程度海外で需要があるってことなんでしょう。そして、海外が出資するアニメっていうのは、萌え系のコンテンツではなく、今まで日本では企画が通りにくかった、SFやミステリー系のアニメが増えるのではないかってことでした。

日本は、CDやFAXが未だに売れてたり使われていたりする、過渡期の長い国で特殊な国という話もあって、まあ、そういう風穴を開けるのはいつも外資系のサービスなんですよね。

Blu-rayを買うのが一番ではあるんだけど、ネット配信でもなんでもいいから、まずはお金を払うことが大事だというようなことも言ってたし、それは当然の話しだと思うし、かといって、Blu-rayは高いし置き場所にも困るし、ディスクの入れ替えが面倒だし、定額動画配信サービスの方が安いし払いやすいし、それで面白いアニメが見れる流れが出来るならいいことなんじゃないかと思ってます。

NetflixやHuluがアニメに出資し囲い込みをしていけば、当然、dアニメとかニコニコ動画などの日本のネットサービスもアニメの出資を増やしていくんじゃないかと思うし、アニメ制作も紙と鉛筆からデジタルへ移行してて、中国に発注してたものが日本に戻りつつあるみたいな話もしてたので、今後また、日本のアニメ業界もいい意味で変わっていくんじゃないかと期待したいです。

また、公開が延期されていた劇場アニメ『虐殺器官』が新スタジオで制作再開されましたが、今後は中国企業のアニメブランドと協業しグローバル展開するみたいな話もあるので、アメリカ企業だけでなく中国企業からの日本アニメへの出資もあるようで、それだけ、日本のアニメが世界に発信出来るものになっているってことだと思うので、そこは素直に喜びたいところではないかと思います。


関連記事:Netflixのアニメ配信に期待してる


虐殺器官 ハヤカワ文庫JA

虐殺器官 ハヤカワ文庫JA