読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netflixのアニメ配信に期待してる

ddnavi.com

この記事によると、アニメを応援する一番の方法は「円盤を購入すること」で、その他に「ネット配信の全話パックを買う」「グッズやキャラソンなどを買う」ということが有効の様です。

また、記事についているブックマークコメントによると、「ただ見るだけでも、スポンサーが付くきっかけになるのではないか」という意見もあり、最低でも正規の方法でアニメを見ることが大事なように思います。

ただ、これからの業界の行方を考えると、やはりネットでの有料配信へシフトしていくのが健全なのではないかと思います。

まあ、子供向けのアニメは今まで通りでもいいのかもしれませんが、いわゆるオタク向けアニメは、もうネット有料配信でいいのではないかと思います。

僕も、アニメのBlu-rayを何作品かマラソンしてますが、持ってても、ディスクを入れて再生させるのが面倒で、結局、dアニメとかにあったら、dアニメで見てしまったりしてますね。

今は、全話パックを購入するのもいいと思いますが、将来的には定額の動画配信サービスによる収益モデルになっていくのが望ましいのではないかと、個人的には考えています。

その中でも、個人的に期待しているのが、今年9月に日本でもサービスが始まった Netflix です。

Netflix の特徴は、オリジナルのドラマが配信されていることです。実際にドラマを見てみると、制作費もそれなりにかかっているように見えるオリジナル作品が何本も配信されていて、ネットの定額動画配信サービスでこれだけのことが出来る証明になっているのではないかと思います。

animeanime.jp

こちらの記事では、Netflixで、日本コンテンツを担当するプロデューサーにアニメについて話を聞いています。

AA
日本のアニメ配信市場が拡大し、お金が回りだすなかで、新たにNetflixが出てくる。これでまたビジネスも変わるのでないかとの声があります。それはNetflixがオリジナルコンテンツの獲得に積極的なこと、かなりの投資をすることも含めてです。実際、Netflix自身が、この辺りをどう考えているのか教えてください。


上木
結果的に変わる可能性はあると思います。私も映画出身ですので、日本から発信するコンテンツとして邦画よりもアニメが世界で人気があることも理解しています。


一方でサービスを世界に広げていくためにはNetflixでしか見ることのできない作品を揃えることが重要だと思っています。これはその時点ではNetflixでしか見られない、あるいはNetflixで先行するという意味です。そうした作業をやっていく中で、アニメのビジネスモデルが変わっていく可能性はありますよね。

AA
では他のサービスと共存する時に、Netflixが揃えるべきアニメのタイトルはどういった方向になりますか?


上木
もうひとつは先行している世界50数カ国で受け入れられている日本のアニメの中から、オリジナルではこうした作品を中心に揃えたらと考えます。
ひとつはっきりしているのは、日本では受けているけれども、世界では受け入れられていない分野にはあまり積極的に進出しないことです。例えば日常系や萌え系は、文化の違いやアニメに対する期待感の違いもあるのでしょう。そこには取り組んでいないですね。

という感じで、世界配信出来るような日本のアニメ作品に関わっていくつもりがあるようで期待が持てます。

現状としては、以下の様な取り組みが行われています。

animeanime.jp

animeanime.jp

akiba-souken.com
(劇場アニメ3部作「亜人」、TVシリーズ制作決定! 2016年1月よりMBS・TBSで放送のほか、Netflixで全世界へ配信)


av.watch.impress.co.jp

こちらの記事では以下の様なコメントも、、、

「私もマンガ・アニメで育ってきているし、それらは日本の宝です。日本の成功というビジョンだけでなくて、日本の作品を世界に届けるのもミッション」

とアニメを重視する方針が言及されていて、アニメファンとしては期待が持てます。『シドニアの騎士』の世界配信もしたようですね。


その他に、最近、アニメの放送枠でテレビCMを流しているのを見かけるdアニメや、多数のアニメ作品の配信や声優番組、アニメの一挙放送も多いニコニコ動画なんかも、アニメのネット配信ビジネスを作っていけるサービスになっていくのではないかと思っています。


Kindleサービスが日本で始まって、電子書籍が活性化されたように、日本のネット動画配信の活性化に繋がっていって、アニメビジネスにも新しい風が吹いてくれればいいなと思います。