2015年夏アニメ総括

遅ればせながら、2015年夏アニメの総括です。

まず、夏アニメで最後まで見たのは、「干物妹!うまるちゃん」「それが声優!」「オーバーロード」「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」「監獄学園 プリズンスクール」「Charlotte」の6本でした。

干物妹!うまるちゃん

とにかく、うまるちゃんが可愛いというのが一番かな。それと、なんだかんだ妹を甘やかすうまる兄とか、ほんわかした世界観が好きでしたね。ストーリーとかそういうのじゃなくて、ほのぼのとした世界観を楽しむ日常系アニメだったと思うんですが、最近は、どうも肌に合わない日常系が多かった中で、これは見れたのは、うざ可愛いくて憎めないうまるちゃんとその周辺のキャラたちのほんわかした世界観が良かったんでしょう。2期があったらいいなと思います。

「それが声優!」

最後まで楽しんで見てたし、多少は知っているつもりだった声優の裏事情、マネージャーの裏事情などが知れてよかったと思うんですが、強いて言うなら、ユニット活動がメインに描かれたことに少し疑問があって、話的にはユニット活動を中心にした方が盛り上がるんでしょうけど、声優ってユニット活動するのがメインじゃないと思うので、もう少し違う方向で話を作って欲しかったかもしれないと思いました。とはいえ、声優のユニット活動を否定しているわけではありません。ただ、最終回は声優の査定の話で閉めたのでとりあえずはよかったと思うし、全体的には非常にいいアニメだったと思いますが、こういう裏方事情的なアニメはたまにはあってもいいと思うけど、あんまり長々やることではないと思うので、1期で終わっていいかなと思ってます。

オーバーロード

ネトゲはやったことないですが、ゲームの世界に入り込み、悪役側の親分として部下を従わせ世界を探索していくみたいな展開が面白かったと思います。モモンの内心と表向きの振る舞いの声の演技の違いも見どころの一つだったと思います。仮に自分がゲーム世界に入り込み魔王的な立場になった時、内心は「うわー、どうしよう」となりつつも、部下の前ではそんな動揺を見せずに魔王っぽく振る舞いつつ、でも、慎重にことを進めていくみたいなそんなところがある意味リアルだったと思います。

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」

これも異世界探索モノですが、自衛隊にしては無慈悲すぎる攻撃をしたりしてて少しどうかなと思ったのと、全体的に微妙な感じはしましたね。最後まで見たのは、「監獄学園」の前に放送されていたので一緒に見てただけっていう感じですw

「監獄学園 プリズンスクール」

このアニメは、内容的には非常にくだらないんですが、次々とミッションが追加されていき、その中でのやりとりみたいなのが面白い作品だったと思います。あとは、花さんことざーさんの演技。これに尽きると思いますw最後は、真の生徒会に裏生徒会が監獄に入れられ、女同士の争いが起こっていきつつ、あれだけ苔にされつつも情が移ったように見える男子達が助けに入ったりするのかなと楽しみで、原作を読んでみようかと思ったりしてます。

「Charlotte」

Charlotteは、一度このブログでも最終回の感想を書いてますが、少し日数が経って改めて振り返ってみると、まずこのアニメが放送されていた間は、毎週毎週、次がどうなるか楽しみで1週間そわそわしてることが多かったです。最終回が終わり、そわそわすることがなくなりここ最近は穏やかな日々を送れてます。ここまで、毎週楽しみだったアニメは、なかなかなく、これだけでも十分楽しませてもらった作品だったと思ってます。よく「前半いらなかったんじゃないか」みたいな意見もありますが、前半の生徒会メンバー達が能力者を保護していく話、そして、後半の乙坂有宇が運命に挑んでいく話のセットで一つの重みのある話になっていると思うので、前半は必要だったと思うんですが、いかんせん後半が少し詰め込みすぎだったように思えるのも確かでした。終わってみると、乙坂有宇と友利奈緒を巡る話で、背後には生徒会のメンバー、高城とゆさりんがいるというような話として見るとしっくりくる話だったのではないかと思ってます。


まあ、夏アニメは、比較的、良策の多い豊作のクールだったと思います。これからも、楽しいアニメに出会っていけたらいいなと思います。また、大好きなアニメ業界の発展のために少しでも業界に間接的にでもお金を出していくようにしようと考えてます。例えば、dアニメに加入するとか、ネット配信の全話パック購入するとかね(凄く僅かだけど)