「それが声優!」第1話感想

僕はアニメ業界を描いたアニメ「SHIROBAKO」が好きなんですが、「それが声優!」はそれの声優バージョンって感じで、とても面白かった。

シリーズ構成は、「SHIROBAKO」と同じ、横手美智子さん。あの主人公がぬいぐるみとしゃべるところは、みゃーもりがロロと会話するみたいな感じだなーって思った。

アニメーション制作は、GONZOということで、どことなくキャラデザが「咲」っぽくて、「SHIROBAKO」よりも萌えよりなキャラデザになっているなと思った。

あと、主題歌は声優さんが歌っていて、ミュージックビデオが収録されたDVDが付いたCDも販売されるようで、声優アイドルビジネス的な売り方もするようだ。

原作者は声優でもある、あさのますみさんで、マンガが原作のようですね。声優さんが原作だから、実体験を踏まえた、リアルな声優業界が描かれるんでしょうね。

職業アニメというか、自分たちの知らない世界をアニメで見れるというのはいいなと思いますね。実写でやれという意見もあるだろうけど、僕はあえてアニメで見たいと思いますね。

野沢雅子さんが出演していたり、ちょっと厳しい先輩がいたりと見どころ満載の「それが声優!」の今後の展開が楽しみです。