読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「響け!ユーフォニアム」の原作者、武田綾乃さん

アニメ「響け!ユーフォニアム」の最終回の感想を書いたブログをいくつか読んでみたけど、あまり言及されていない点が一つある。それは、原作だ。

確かに、アニメの脚本・演出によって、原作の魅力がさらに引き出された部分もあるだろう。しかし、多少変更された部分があるとはいえ、基本的には原作通りの内容だし、原作あってのアニメ「響け!ユーフォニアム」であることは間違いない。

登場人物や、舞台背景、ストーリー、これらを生み出したのは、原作者、武田綾乃さんに他ならない。

原作公式サイトの著者プロフィールによれば、

武田 綾乃 (たけだ あやの)
1992年、京都府生まれ。京都府在住。現在は京都府内の大学に通う大学生。第8回日本ラブストーリー大賞 隠し玉作品『今日、きみと息をする。』(宝島社文庫)でデビュー。

となっている。

宇治舞台に吹奏楽部の青春描く 同大生で作家の武田さん:京都新聞

この京都新聞の記事では、

吹奏楽部員だった自身の体験のほか、通っていた高校の吹奏楽部での取材に基づき、「青春時代を思い出してほしい」としている。

ということで、彼女自身、吹奏楽部の経験者で、執筆にあたり母校の吹奏楽部を取材していたということだ。

響け!ユーフォニアム」の生々しさは、経験者だからこその部分もあるのだろう。

他にもtwitterを検索したら、いろいろ彼女の情報が見つかったので、載せておきます。


↑この記事によれば、中学の頃に吹奏楽部に入りユーフォニアムを担当。高校からは文芸部に入ったようですね。




中でも、在学中の同志社大学の学内紙の武田綾乃さんのインタビューでは、アニメの感想なんかも答えてます。ぜひ読んでみてください。PDFでダウンロード可能です。一番最後のページです。↓



関西のローカル番組「おはよう朝日」で、「響け!ユーフォニアム」が紹介され、原作者の武田綾乃さんのインタビュー映像も放映されたようです。動画後半に、武田綾乃さんが登場します。動く武田綾乃さんは初めて見ましたが、なかなかの美人ですね!


関連記事

sima-pan.hatenablog.com

sima-pan.hatenablog.com