読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「響け!ユーフォニアム」最終回感想

響け!ユーフォニアム

響け!ユーフォニアム」は、京アニが、テレビアニメ化すると聞いて原作小説を手に取り放送前に読んだ。そして、好きな作品になった。

放送が始まりアニメを見てみると、原作のイメージと異なり、少し違和感を覚えた。

具体的に違和感を覚えたところは、少々コミカルというか、思ったよりも派手な感じだったところ。アニメだけを見てる人からは、地味だと言われてたけど、僕はもっと地味に描いて欲しかったと思っていたけど、テレビアニメである以上、ある程度のキャッチーさが必要で、これが限界だったんだろうと思う。

ただ、見進めていくうちに、原作とのイメージを自分なりに修正しアニメ作品として楽しんできた。

最終回前に、原作小説の1巻の最後の方を読み直してみた。オーディションの結果発表の久美子がオーディションに受かって、夏紀先輩落ちちゃうあたりからだったが、細かいところが変わっていたり、話の順序が入れ替わっていたり、再オーディションの過程と、久美子がユーフォを降ろされ悔しい思いをするところがアニメオリジナルだったりと結構原作と異なる部分もあった。

個人的には原作通りにやって欲しかったと思っているが、最終回は、原作の要素を取り入れつつ、うまく最終回として話をまとめたと思う。

最後の結果発表を見て喜ぶ久美子たちを見た時、思わず目頭が熱くなった。最高の最終回だったと思う。

次は、2期か?映画か?と言ってる人がいるけど、原作小説は全3巻+番外編1巻が出ており、今回のアニメでは1巻を1クールでやっている以上、あと2クール必要になる。

2期で2巻をやって、劇場で3巻という可能性はあるが、個人的には2期で2クールで3巻ラストまでやってほしいなと思ってる。

劇場版は、番外編から上手くエピソード拾って再構成すればいけるんじゃないかと思う。

原作のイメージは、読み手それぞれにあって、アニメではどうしてもイメージが異なる部分が出来てしまう。しかし、文字だけで表現されていた世界が、映像化され、キャラクターが動いてしゃべることで、よりリアルに「響け!ユーフォニアム」の世界を体感できると思う。

原作は原作で良さがあるが、アニメオタクなので、こうやってアニメで原作がどう表現されるかみたいというのもある。

最終的には、おもしろければいいのではないかと思う。テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」は、大変面いアニメ作品だったと思います。

アニメを楽しめたという方は、ぜひ原作小説も読んでみて欲しいです。