『響け!ユーフォニアム』原作本シリーズ累計25万部突破したらしい

響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~│宝島社

『響け!ユーフォニアム』の原作小説は、京アニによるアニメ化決定後に知って、手に取って放送前に読みました。

アニメとは、また違う展開もあるし、映像表現と文章表現との違いなんかも楽しみの一つだと思います。

放送前に読んでいた時は、もう少しキャラクターのイメージが違ったのですが、アニメ見てから読み返すと、小説内のキャラクターは関西弁喋ってるけど、そんなの関係なく、アニメ通りの声とキャラクターで頭の中でセリフが聞こえてくるようになってました。

番外編となる「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話」は、今読んでる途中ですが、基本的には、原作公式サイトに掲載されているものが収録されていますが、公式サイトの第10話にあたる「それじゃあ、またね」が収録されてない模様。

そして、第10話以降は新作の小説となっているようです。公式サイトの第10話「それじゃあ、またね」は、かなり短いのでカットしたのかもしれませんね。この話結構好きなんですが。

アニメは、原作第1巻までをやると思いますが、2巻以降もぜひ2期でやって欲しいなと思ってます。というか、やるだろうと信じてます。