読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PS4版「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」レビュー(プレイ日記2)

yu-no.jp


歴史学者父親が失踪するが、その父親から主人公・有馬たくやの元にリフレクターという平行世界を行き来出来るアイテムが届く。有馬たくやは、リフレクターを使い、父親失踪の謎に迫っていく・・・。平行世界を行き来し謎に迫っていくテキスト主体のSFアドベンチャーゲーム

およそ19年前に発売されたセガサターン版を発売当時にプレイしどハマリした大変思い入れの強い僕にとっての心の名作である「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」のリメイク版は、キャラデザや声優が変更され、プレイし始めた時は違和感もあったが、プレイしていくうちに慣れていったし、最終的には、それなりに悪くないリメイクになっていたと思う。

原作のPC版は20年前の作品であり、ゲームシステムやシナリオに、やや古臭い部分もあるが、今回のリメイク版も十分本来の面白さが再現されていると思ったし、今、YU-NOをやるなら、このリメイク版をやるのが一番いいんじゃないかと思います。

このゲームは、美少女ゲームのいわゆるキャラルートを平行世界と見立てて、リフレクターというアイテムを使って行き来し物語を進めていくゲームで、例えば、Cルートで入手したアイテムで、Aルートの事件を解決するみたいなゲームシステムになっているのと、分岐ルートをマップ探索する要素や、その分岐マップ上に散らばった「宝玉」と呼ばれるものを集める要素などを絡めたゲーム性の高いアドベンチャーゲームとなっています。

やや面倒な部分もあるかもしれないが、リフレクターの点滅や、ルートが移動したときになる音を頼りに分岐マップを確認しつつルートを探したり、再びアイテムを入手するために一度やったルートをやり直したり、プレイヤーが取った行動そのものが、プレイヤー=主人公として、自分だけの物語になるというところがこのゲームの醍醐味だと思います。

後半は、一本道のルートになるんですが、それまでの謎が氷解するルートであり、ラストは非常に素晴らしい展開なので、前半はゲーム。後半は一本の物語として完成されていて、やっぱり僕にとって「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」は、最高の作品だなと改めて思いました。


以下、余談・・・

このゲームは、菅野ひろゆき(当時のペンネームは剣乃ゆきひろ)という方が、企画・脚本・ゲームデザイン・総合プロデュースを担当し、エルフにて開発販売したゲームをリメイクしたもので、菅野ひろゆき氏は、このゲームを制作した後、エルフを退社し、株式会社アーベルを設立し、代表取締役社長に就任し、ゲーム制作を行っていたが、2011年12月19日に43歳という若さで亡くなられている。

この菅野ひろゆき氏がアーベル時代に制作していたが結局発売されることなく亡くなられてしまった「ミステリート2」というゲームがあるのだが、これが、今回「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」のリメイク版を担当したMAGES.の浅田誠プロデューサーの元で、既に発売されている「ミステリート1」と新作「ミステリート2」を合わせた「ミステリートF」として制作中となっていているので、こちらも出たらぜひやってみてください。僕もずっと待ってるんですよねこれ。

mystereet-f.jp


あと、菅野ひろゆき氏がエルフに入る前に制作した名作「EVE burst error」と「DESIRE」というゲームがあるんですが、「EVE burst error」は、昨年に、「EVE burst error R」としてリマスター版が発売されているのと、「DESIRE」のリマスター版が今月の27日に発売されます。どちらも超名作なのでYU-NOにハマられた方はぜひやってみてください。

eve.el-dia.net

el-dia.net


最後に、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を制作したエルフですが、残念ながらMAGES.にYU-NOの権利を譲渡した上で、昨年3月にホームページ閉鎖。今年3月にサポートも終了となり、YU-NO以外の作品の権利はDMMへ譲渡した模様なんですが、一説には、土天冥海=蛭田昌人とも言われている土天冥海がシナリオを担当してるゲームが結構面白いんで、18禁ゲームに抵抗がなければやってみてね。「媚肉の香り」「ボクの彼女はガテン系」あたりがオススメです。

「アニラジグランプリR」感想

f:id:sima_pan:20170328160652j:plain

「第3回アニラジアワード」受賞番組を紹介する特別号として

17年ぶりに復活した「アニラジグランプリR」を買いました。

最優秀ラジオ大賞「佐倉としたい大西」
f:id:sima_pan:20170328160714j:plain

f:id:sima_pan:20170328160722j:plain

f:id:sima_pan:20170328160733j:plain

f:id:sima_pan:20170328160744j:plain

f:id:sima_pan:20170328160751j:plain

最優秀男性ラジオ賞(一般)「アニゲラ!ディドゥーーン!!!」
f:id:sima_pan:20170328160758j:plain

最優秀男性ラジオ賞(新人)「鷲崎健のヨルナイト☓ヨルナイト」
f:id:sima_pan:20170328160813j:plain

最優秀女性ラジオ賞(一般)「オトメ*ドメイン RADIO*MAIDEN」
f:id:sima_pan:20170328160821j:plain

f:id:sima_pan:20170328160847j:plain

最優秀女性ラジオ賞(新人)「Re:ゼロから始める異世界ラジオ生活」
f:id:sima_pan:20170328160854j:plain

大笑いラジオ賞(一般)「村川梨衣のaりえしょんぷり~ず」
f:id:sima_pan:20170328160910j:plain

えっちなラジオ賞(一般)「井上麻里奈下田麻美のIT革命」
f:id:sima_pan:20170328160936j:plain

アニラジスタッフ座談会
f:id:sima_pan:20170328161029j:plain


他にも受賞番組や受賞してない番組など、写真とインタビューでオールカラーで紹介されてます。

昔は、隔月刊化もしていた「アニラジグランプリ」。僕は昔からアニラジが好きで「声優グランプリ」より「アニラジグランプリ」を買ってたんですが残念ながら休刊になってしまいました。

そんな「アニラジグランプリ」が久々に、17年ぶりに復活ということで、あやねる写真目的もあって買ってみました。

実際に手にとって読んでみると、パーソナリティさん達の写真や、収録に臨む心情が知れるインタビューなど読み応えたっぷりで、1500円とちょっとお高めだけど、記念号だし充実した内容だし満足出来るものになっていると思います。

中でもエロゲ声優ラジオ番組の「オトメドメイン」の杏花さんと歩サラさんのお二人が、後ろ姿だけとはいえ写真が掲載されいたのは嬉しかったです。手の写真とかもちょっと載ってて、ちょっとでもお二人の姿が見れて嬉しかったです。

アニラジに限らずラジオは好きで、今もちょこちょこアニラジは聞いてるんですが、いろんなアニラジが紹介されてる「アニラジグランプリR」を読んで、また新たにラジオ番組をいろいろ聞いてみたいと思ったし、やっぱりラジオっていいよねって改めて思いました。


アニラジグランプリR (主婦の友ヒットシリーズ)

アニラジグランプリR (主婦の友ヒットシリーズ)

PS4版「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」プレイ日記1

先週末は、PS4版「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」をずっとプレイしてました。

2つ前の記事でも書いたけど、セガサターン版を発売当時にプレイしてどハマりし、その後、何度もプレイした大好きなゲームであり、思い入れも強いゲームなわけですが、PS4版「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」は、十分楽しめるものになっていると思っています。

ただ、思い入れの強いタイトルですので、古参としては文句を言いたいところも出てきますが、新規の人にとっては言うほど悪くないと思います。

僕はサターン版しかやったことがなかったんですが、今回のリメイク版についてきたPC98版をやってみると、なるほど、この作品が神格化されている理由がわかります。

MS-DOS用のゲームソフトにおいて、音楽、グラフィック、ゲームシステム、シナリオが最高レベルの完成度で、当時としては衝撃だったわけです。

ドラクエ3で、仲間を入れ替えられて転職できて衝撃受けるみたいな、バーチャファイターを初めてやって3D格闘ゲームに衝撃を受けたりとか、それまでなかった複雑なゲームシステムと、エルフの高いプログラミング技術や、グラフィック画像は、衝撃だったし、今回、リメイク版をやっても、十分今でも通用する、シナリオとゲームシステム。あの当時としては大きな衝撃だったわけで、未だに語り継がれる美少女ゲームの最高峰と言われているんだろうと思います。


でも今日書きたいことはそんなことでなくて、先週末のリメイク版プレイの苦労話をちょっと書いておこうかと。

以下、ネタバレを含みますのでご注意を







いろいろプレイしていって、亜由美さんルートを終わらせブルーカードをゲットした後、香織ルートへ行き、ブルーカードを香織に渡して、超念石を盗むためにジオテクニクスに侵入するわけですが、亜由美のオフィスに入ってしまいバッドENDになってしまい、もう一度やり直したいけど、ブルーカードは香織に渡しちゃってなくなってる・・・。

しかも、亜由美ルートには宝玉おいてない・・・。

香織にブルーカードを渡す前辺りで宝玉セーブしてたので、そこに戻り、香織にブルーカードを[渡す・渡さない]のところで宝玉セーブした上で、亜由美ルートを最初からやる。

で、豊富がたくやの家で亜由美さんとエロいことしてるところに踏み込んで、「証拠を出せ~」と言われるが持ってないので、ここで宝玉セーブ後、亜由美さんに叩かれて家を飛び出し、香織に出会いセクロスして証拠写真をゲット。

「証拠を出せ~」のところに戻って、写真を突きつけると豊臣退散。その後、亜由美と仲良くなってパコった後に、ようやくブルーカードがもらえる

で、香織にブルーカードを[渡す・渡さない]のところに戻って、ブルーカードを渡すと香織に「取ってきてくれたのね。ありがとう」みたいな台詞を言われて、「うふふ、そうよ・・・これよ、これが欲しかったの」と言われ、「ああ、取ってきたよ。別次元から取ってきたよ!」と思ったりしました。

僕はこの香織の台詞に衝撃を受けたんだよね。台詞違ってるかもしれないけどそんな感じの台詞だったと思うんだけど、なんか今までの行動を見透かされてるかのような台詞でびっくりした。こういうところがYU-NOの面白さなんじゃないかなと思ったりするんだよね。

お詫びと訂正:上の打ち消し線の部分は、全て僕の脳内変換でした。でもなんか僕にとっては、苦労して取りに行ったことを見透かされた言葉のように感じました。

YU-NOは、宝玉を置き忘れると、はじめからやり直さなくちゃいけなくて大変だったりするけど、だからこそ、どこにどう宝玉を配置するかみたいなことを考えたりしながら、間違えたら「くそー!」とか言ってそのルートをやり直すみたいな、その面倒なところ、頭を使うところが、プライスレス!なんだと思うんですよねえ。

YU-NOは、一度始めるとホントに止め時が難しく、長時間プレイしてしまい、体にガタが来てしまったりするけど、ほんと面白い。最高すぎるって改めて思ったりしました。

まだ、異世界編が残ってるけど、ここから先は、体力的にきつくなってきたので、ゆっくりじっくりやってこうと思ってます。