ドラマ「火花」第3話感想

Netflixで1度見て、NHKの地上波放送で2周目してますが、Netflixに入ってから海外ドラマを楽しく見てきたけど、改めてドラマ「火花」を見てみるともの凄く面白い。

日本独特の感性というのだろうか、そういうものが心にグッとくる。ストーリーもいいけど、とにかく映像がきれいで、その中で、シビアな芸人の裏方が描かれていて、その厳しさは他の業種でも同じで、海外ではなく日本という近い舞台だからこそ心に響くものがあると思う。

オーディションの審査員の態度が最悪だけど、あれはわざとやってる部分もあると思う。ああいう空気でも心折れずに漫才が出来ないとやってけないだろう。客席にはいろいろな客いるだろうから。

そこでブチ切れ、関係ない他の芸人にも絡む神谷はどうしようもない。しかし、そんなどうしようもない先輩を徳永は尊敬してるし好きなんだよな。

そして、徳永の恋人?(1度見てるし原作も読んでるけどあえてね)の真樹が登場する。神谷と徳永と三人で鍋を囲むシーンは和やかで、普通に楽しそうで見ていて切なくなってくる。

このドラマは、日常を切り取ったようなシーンが多くて好きだ。

こういう「火花」みたいな、映画みたいな演出の濃厚ドラマがいいなと思う。映画も、素晴らしいんだけど、映画って2時間ちょいで終わってしまうけど、50分✕10話とかで、1シーン1シーンを長めのカットでじっくり見せていくようなドラマをもっと見たいと思う。

漫画原作もいいけど、「火花」のように小説のドラマがもっと見たいな。個人的には、先日読んだ同じく芥川賞の「コンビニ人間」とかこんな感じのドラマでやってほしいなと思ったりしてる。

他にもいくらでもドラマ化したら面白そうな小説ってあるだろうから、もっといろいろ見たいなぁと思ってます。

映画「横道世之介」感想

f:id:sima_pan:20170312164426j:plain

ドラマ「火花」を昨年Netflixで見て、2月からNHKで地上波放送されたドラマ「火花」を改めて見てみたら、凄くよくて、で、こういう感じの映像作品をもっといろいろ見てみたいと思って、で、NHKのドラマ「火花」の番組紹介ページの監督紹介のところの代表作をNetflixで検索してあったものを適当に見てみることにしたんだけど、映画「南極料理人」に続き沖田修一監督作品の映画「横道世之介」を見てみた。

ちなみに、沖田修一監督は、ドラマ「火花」では、5話~6話の監督を担当しています。

僕は、映画でもドラマでもアニメでも予備知識無しで見るのが好きなんで内容はあえて説明しないけど、全体的にドラマ「火花」っぽい雰囲気の作品だったなと思う。「南極料理人」よりも「火花」っぽかなったと思う。

2013年の作品だが画質は粗目。カセットウォークマンが出てくるなどちょっと古い時代設定の作品のようなのであえてこういう画質にしたのかもしれない。

少し長い映画だったけど、ストーリーもいうほど面白いわけではないんだけど、映像の雰囲気やストーリー構成がよかったなと思うのと、高良健吾吉高由里子がいい味出してたなと思う。

この二人が絵になってたと思うし、二人の関係がいい感じで、映像の雰囲気も良くてよかったと思いますね。絵的には間違いなくよかったね。

ストーリーはそうでもないけど、全体的にはいい映画になってたと思う。

邦画いいなと思わさせてくれる映画だった。

ドラマ「ギルモア・ガールズ」シーズン4感想

ギルモア・ガールズ」は、ローレライとローリーの母娘を中心としたコメディードラマで、母親のローレライは16歳で娘のローリーを出産し、未婚でローリーを育て上げる。なので、ローレライとローリーは限りなく歳の近い母娘で、姉妹のような二人の関係と、未婚のローレライと、年頃のローリーが、それぞれ並行して恋愛をするところ、その他、個性豊かな登場人物達が面白いのはもちろん、軽快な台詞のやりとりが魅力のドラマだと思う。

シーズン4は、シーズン3でローリーが高校を卒業し、シーズン4からは、ローリーはイエール大学へ進学する。シーズン3で退場するかと思われた高校の同級生パリスも、イエール大学へ進学し、ローリーと同じ寮のルームメイトとなって再登場。ちょっと暴走気味の残念キャラのパリスが大好きなので再び登場してくれて嬉しい限り。相変わらずの暴走気味で、今シーズンも楽しませてもらったけど、今回大発見だったのは、パリスは胸がおっきいってこと!

ローリーと雨に濡れて寮の部屋に戻ってきて服を脱ぐシーンがあるんだけど、そこで、パリスが巨乳であることが判明する。それ以外でも、ローリーとパリスが大学の友達と海水浴に行くエピソードがあるんだけど、ローリーとパリスの水着姿が見れて、やっぱりパリスの胸がでかい。

なんだろう高校編から見てるのと、パリスのキャラ的に、あのキャラであの大人っぽい体ってのが違和感あって、なんというか、子供と思ってたら大人だったみたいなそういう感じ。

このドラマは、ローリーやパリス、ジェスやディーンなど若い登場人物達が成長していってて、シーズン1のころは可愛かったローリーやディーン達も、凄く大人っぽくなって、ローリーは美しく、ディーンはワイルドでかっこよくなってきてて、レーンも、ジェスもパリスも含めて、彼らの成長も見どころだと思いますね。

ローリーの恋愛は、シーズン3で、ディーンもジェスも終わって、シーズン4では新たな恋人が出てくるのかと思いきや、ディーン、ジェスに戻っていくパターンだったのと、なんだかんだで、いい雰囲気のローレライとルーク。

ローリーの恋の行方も気になるけど、僕的には、ローレライとルークの関係がすごく気になる。ローレライとルークのやりとりは見ていて微笑ましくなるんだよね。一見いかついけど繊細で優しいルークが僕は大好きだし、ちょっとおちゃめな残念美人のローレライも大好きなので、これからもいろいろあるんだけど、二人には幸せになってもらいたい。

レーンの母親との関係も気になるし、カーク、ミシェルの脇役組も凄く面白いし、この先の展開も楽しみです。

余談だけど、僕は女性が主人公の海外ドラマが好きなようで、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のパイパー・チャップマン(テイラー・シリング)。「ホームランド」のキャリー・マティソン(クレア・デインズ)。そして、「ギルモア・ガールズ」のローレライ・ギルモア(ローレン・グレアム)、この3人の登場人物が特に好きかなと思ったりしてます。