携帯といえば

anond.hatelabo.jp

「携帯電話→携帯みたいなの他にある?」っていうはてな匿名ダイアリーで、僕は「運転免許証→免許証」とブックマークコメントしました。

携帯だけだと、本来ならば「携帯灰皿」とか「携帯ラジオ」とか、他の物も考えられるのに、「携帯」と言ったら大抵の人は「携帯電話」「スマートフォン」だとわかると思うんですよね。

免許証も、様々な免許があるけど、単純に「免許証」と言われたら運転免許証と思う人が大半だと思うんですよね。

そんなふうに、本来、他の意味も考えられるのに、世間の認識としてその言葉だけで通じる言葉というのがあるって話でした。

それでも人と接したい

togetter.com

ルフレジが味気ないという新聞の投書欄の意見についてのTogetterだけど

確かに、セルフレジは便利なんだけど、店員とのやりとりがなくなってしまったのは寂しいと思う

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」

定形挨拶でもやっぱり声をかけられうと嬉しいものだと思うんだよね

恐らく、セルフレジとか無人店舗が増えていく中で、逆に店員のいる店の良さが再認識される時が来るんじゃないかなと思う

警備と陳列、掃除要員を兼ねて一人くらいは挨拶要員を置いておいてもいいんじゃないかと思う

そう言えば、「planetarian」なんてKeyの廃墟のプラネタリウムでロボット解説員が客を待ち続けてるゲームがあったなと思い出したりした

正月最後の平成

平成最後の正月、明けまして~

おめでとうございま~~~す!!!

平成も残すところあと4ヶ月。

5月からは新元号ですよ。

小学生の頃に、おばあちゃん家のテレビで「平成」が発表されたニュースを見た記憶があるんですが、あれからはや30年が経つんですね。

早いものです。

正月と言えば、「機動戦艦ナデシコ」のサントラを聞くのが僕の恒例行事なんですが、もうナデシコも今年で22年目ですよ。

22年間毎年ナデシコのサントラを聴き続けて来たんですね。

22年間、早いようであっという間でした。

でも、音楽というのは不思議なもので、ナデシコのサントラを聞くと、22年前の高校2年生のあの時あの瞬間が一瞬蘇るんですね。

今住んでる場所と高校時代に住んでた場所は違うんだけど、サントラを聴きながら目を閉じると、一瞬高校時代のあの自分の部屋にいるよう感覚がして、部屋の匂いまで思い出してくる。

音楽って、その音楽を聴いていたあの時あの瞬間に一瞬だけ戻れるタイムマシーンみたいなものだなと思ってます。

今年は少しでも心のイケメンになれるように頑張っていきたい。

あと金も稼ぎたい。世の中やっぱり金ですからね。