読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル世界名作劇場!ドラマ「アンという名の少女」シーズン1感想

f:id:sima_pan:20170522020453j:plain

赤毛のアン」を原作にしたNetflixとカナダCBCとの共同制作のドラマ「アンという名の少女」を見ました。

脚本を『ブレイキング・バッド』のモイラ・ウォリー=ベケットが担当するなど、メインスタッフはほぼ女性らしいのだが、女性の生き方にスポットが当てられたこのドラマをよりリアルに繊細に描き出していると思う。

僕は、「赤毛のアン」の原作を読んだことがないし、「赤毛のアン」のアニメも見たことがないのだが、去年、Netflixでアニメ「愛の若草物語」と「ナンとジョー先生」を見たのだが、ドラマ「アンという名の少女」は、まさにリアル世界名作劇場という感じで、あの世界名作劇場の世界観をそのまま実写にしたような、でも実写なのでアニメ以上によりリアルに世界が再現されていて非常に感動する。

世界名作劇場を知らない人もいるかもしれないから一応説明しておくと、一昔前に、世界の名作をアニメシリーズとして放送していたアニメ枠で、「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」など、数々のアニメをそれぞれ1年ごとに放送していた。もちろん、「赤毛のアン」もこの枠でアニメ化された。

世界名作劇場のアニメシリーズは、子供向けにアレンジされているものの結構シビアな展開はあって、アニメはアニメで面白いと思ってるが、それでもやっぱり、実際の美しい景色と、役者たちの演技はアニメ以上の深みがある。

アンは、生まれた時に両親を亡くし孤児院に預けられ過酷な幼少期を過ごすことで、空想癖のちょっと変わった女の子になっているのだが、カスバート兄妹に引き取られ、様々な問題を引き起こしながらも、マシューやマリラ、親友のダイアナなど、様々な人に助けられながら前に進んで行く。

その中で、僕は、厳しいながらもアンのことを愛しているマリラが好きですね。どこまでも優しいマシューも素晴らしいと思うんだけど、アンをちゃんと育てたいという思いから、アンに厳しく当たるが、内心は凄く心配しているみたいなマリラの心情に心打たれるものがある。

親友のダイアナも、とんでもないことをするアンに困惑しつつも、常にアンの見方でいて、ダイアナの存在も凄く大きくて、また二人の友情が好きですね。

あと、カスバート家の近所に住むレイチェルさんというおばさん、最初なんだこのおばさん!って思ったけど、このおばさんも実は凄くいい人で、なんだかんだで結構好きなおばさんです。

シーズン1は、全7話で終了なんですが、凄くいいところで終わるので、早く続きがみたいです。

とにかく、映像が素晴らしいし、役者の演技も素晴らしいし、脚本も本当に素晴らしくて、僕が世界名作劇場系の作品が好きというのもあって、Netflixで見てきたドラマの中でもダントツで好きなドラマになってます。本当に素晴らしいドラマなのでぜひ沢山の人に見てもらいたいドラマだと思います。



不朽の名作をドラマ化『アンという名の少女』予告編

「ダウントン・アビー」シーズン5感想

ダウントン・アビー」はシーズン4までNetflixで見て、シーズン5は、昨年末から今年頭にかけてNHK総合で放送されてたが、第1話はリアルタイムで見たが、第2話は録画で見て、その後はすっかり止まってたが、今回、Netflixでシーズン5が配信開始され、第1話から改めて見始めたのだが、面白すぎて止められなくて一気に全9話を見てしまった。

やはり、ドラマは連続してみると面白い。特に、ストーリーが連続するようなドラマはなおさら連続で見るともう最高すぎますね。

以下、ネタバレありです。




今回のシーズン5の最大の魅力は、NHK総合で第1話を見た時の感想「モールズリーさんが髪ってた!「ダウントン・アビー5」第1話感想」から、終始、モールズリーさんが髪ってましたね(笑)

個人的には、モーズルリーさんが超好きで、ダウントン・アビーの中でもっともイケメンなのはモーズルリーさんだろうと思ってます!

バローに脅されているバクスターさんを庇い、最後は、ベイツさんの無実の証拠を見つけてくる名探偵ぶり。かっこよすぎますな。

よく考えると、イギリスというと探偵のイメージあるけど、探偵に調査させるとか出来なかったのかなとかちょっと思ったりしたけど、モールズリーさんが活躍したんだし、まあいいよね。

次に注目した展開としては、やはり、イーディスの娘の件。小作人のドリュー夫婦に子供を預けるが、事情を知らない奥さんは気が気じゃない。

とはいえ、事情を知らなければ金持ちの道楽にしか見えないわけで、奥さんにとってはさぞかし不快な想いをしただろうし、最後は、「実は私の実の娘なので連れて行きます」って、そりゃないだろ~。ずっと苦労して育ててきた子供を「はい、そうですか」と手放せるわけがない。

それでも最後は、奥さんが、マリーゴールドの好きなぬいぐるみとかを持たせるシーンには、納得は出来ないけどマリーゴールドのことを考えるとこれが一番いいだろうと、マリーゴールドのことを想っているからこその深い愛の行動だったと思う。

ほんと、ドリューの奥さんは辛かったと思うよ。いっそ最初から事情を二人に話しておけば問題なかったんじゃないと思うんだが、それじゃあドラマとしては面白くないんだろうね・・・。

他にも、デイジーが可愛いとか、パットモアさん本当に良い人だなとか、いろいろあるけど、今回はお年寄り達の恋愛話が多かったのも見どころだったかなと思う。

それにしても、バイオレットの執事のスプラットと侍女のデンカーのやりとりは、割りと重めのストーリーが展開される中で、ここだけコメディーになってて面白かったし、好きだった。ここでもバイオレットお婆ちゃんの心遣いが光ってましたね。

バローも、敵に回すと厄介だが、シンダビー卿に招待された城での裏工作では大活躍してて面白かった。

一難あってまた一難みたいなハラハラする展開が、やはりドラマとしては面白いし、先が気になって止められなくなってしまうんですよね。

とはいえ、ダウントン・アビーは、貴族と使用人たちそれぞれのドラマがいい感じに絡み合っていて絶妙なんですよね。

また、貴族と使用人の関係が非常にいい。貴族と使用人それぞれがそれぞれの立場で尊重しあい役割を果たしているところがいいなと思います。

あとは、シーズン1の時から変わらず、町並みや暮らしぶり、衣装、役者の人達が、20世紀初頭のイギリスの風景を本気で再現していて絵になってて、映像だけでも見応えのある素晴らしいドラマだと思います。

ダウントン・アビーは、いろいろな海外ドラマを見てきた中でも、特に大好きな海外ドラマの一つです。それぞれに違った魅力があるから、順位づけは難しいけど、トップレベルで大好きなドラマですね。

アニメ「AIR」感想

dアニメで、アニメ「AIR」を見た。

AIR」は、僕の大好きなゲームで、アニメは今回始めて見たんだけど、1クールであの長いストーリーを描いており、かなりダイジェストになってしまっているけど、各シーンの描写は、さすがの京アニで、素晴らしくて、ダイジェストなのでちょっと話が分かりづらいところもあるけど、感動しました。

まあ、今からあの長いPCゲームをやり直すのは大変なので、これで、なんとなく「AIR」を思い出すには最適なアニメだなと思うんだけど、やっぱりこのダイジェストでは味わえない部分をもう一度ゲームでやり直したい気分にはなってくる。

このダイジェスト感で思い出すのは、この「AIR」のシナリオを担当した麻枝准が、脚本を担当したオリジナルアニメ「Charlotte」ですね。

きっと「Charlotte」も麻枝准の頭の中では、「AIR」並の壮大なストーリーがあったんだろうなと思ったりしました。

やはり、Key作品というと、世界観やキャラクターが凄いなと改めて思ったし、その魅力を十二分に引き出せるのはやはり京アニしかないなぁと思いました。

AIR」をきっかけに、ちょっとKeyアニメを一通り見ていこうかと思ってるのと、「ひぐらし」とかその辺のちょっと懐かし系アニメにも今年は手を出してみようかと思ってます。